仙台市で不動産買取を考え中ですが、買取と仲介の違いは何ですか?

仙台市内は路線価が上昇傾向にあり、状況としては売り時です。

それを踏まえ、不動産買取と仲介の違い、選択について解説します。

☆仙台市の路線価の動向と買取事情。

仙台市内で不動産買取をお考えとのことですが、まず仙台市内の市場動向を少しお話ししておきます。

たとえば仙台市の東西線沿線やその他の路線価を調べると、25年度からは上昇トレンドに入り、その状況はいま現在も続いています。

不動産買取にしても仲介にしても、いま行動を起こすことは時期としてプラスです。

それを念頭に置いておいてください。

☆不動産買取と不動産仲介の違いとは。

不動産買取とは所有する仙台市の不動産物件を買取専門の業者や部署のある会社に直接買取ってもらう方法です。

依頼主は“売るだけで済む”ので、買い手を探す手間も売却成立までの期間も不要になります。

仲介は、不動産流通会社などが媒介人として間に入り物件の買取先・買主を探す方法です。

売れるまでの期間を要し、住戸の内覧やチラシの作成(仲介業者の仕事)など、いろいろプロセスが増えます。

☆どちらにもメリットが

時間がかかっても構わないなら、不動産仲介に出してもいいでしょう。

仙台市の物件に限らす、不動産買取は売れば良いだけなので手間がかからず早いというメリットがあります。

これに対して仲介は、買主を複数紹介してもらって売主であるあなたが選べるというメリットがあります。

永大ハウスでは仲介と買取のどちらもおこなっていますので、まずは仲介で、そして中々進展しないようなら買取に変更という形をとるのも良いのではないでしょうか。